新入社員研修・社内研修・企業研修・コーチング研修・リーダー研修・コミュニケーション研修・パーソナルコーチのご相談なら

コーチングの落とし穴

 組織や家庭などでコーチングを取り入れる際の落とし穴は、
コーチングがどんな状況でも素晴らしいコミュニケーションのスキルなのだ!
と勘違いしてしまうことです。

つまり、
・叱らなければいけない場面でも叱らない  (ちなみに、怒る:自分のため 叱る:相手のため)

・ティーチング(教える)が必要な場面でも教えない
などに陥ってしまうのです。


これでは、上司(コーチ)の責任はどこにもありません。
勝手にわかるまで考えろ、と投げ出しているようなものです。
うまくいくわけがありません。

コーチング、ティーチング、褒める、叱るは場面や状況をよく理解した上で
バランス良く使うのが最もいい方法です。

コミュニケーションスキルのバリエーションの幅を広くする意味で、
コーチングを取り入れたほうがいいのです。

その為には、どのように部下を育てていくかの戦略が必要です。
コーチングをスキルだとも知らずに使っている、
ナチュラルコーチと呼ばれる方はこの辺のバランスが格段にとれています。

コーチングはあくまでも有効な手段の一つなのです。


戻る

 

リアンブルーコーチング舎 お問合わせはこちら TEL:055-243-5110 新入社員研修・社内研修・企業研修・コーチング研修・リーダー研修・コミュニケーション研修・パーソナルコーチ