新入社員研修・社内研修・企業研修・コーチング研修・リーダー研修・コミュニケーション研修・パーソナルコーチのご相談なら

コーチの資格を取りたい方へ

 コーチとしての資格も段々増えてきました。
それぞれの研修会社が独自に発行しています。
研修会社によって、特色はありますがビジネスコーチングがメインになっているところが多いようです。
知識はもちろんのこと、コーチングセッションの人数や総時間数を資格対象にしています。

主だった研修会社をご紹介しますので、参考にしてください。
(注:お勧めの研修会社を載せているわけではありません。インターネット検索で上位に出たところを要約して書いています。)

 2大研修会社−国際コーチ連盟が認定しているトレーニングプログラムです。
コーチ21 ブリッジという電話会議システムで行ないます。
(財)生涯学習開発財団後援のコーチ21が発行する認定資格がとれます。
CTIジャパン 基礎コース・応用コースは集合研修で、その後資格コースを電話で行います。
以前は集合研修だけでしたので、ここ1年間で体制が変化しているようです。
CTIの発行する認定資格CPCC がとれます。
国際コーチ連盟(ICF) 日本コーチ連盟による紹介はこちら

現在取ることができるコーチ資格の最高水準です。
最近日本語でも受験できるようになりました。
・プロフェッショナル認定コーチ 
  750時間以上のセッション経験(うち無料は75時間のみ)
  など高水準をクリアしていなければ受験資格なし

・マスター認定コーチ 
  2500時間以上のセッション経験(うち無料は250時間のみ)
  など高水準をクリアしていなければ受験資格なし


 それ以外の研修会社
PHP 通常の人材育成講座の一部として、コーチング研修があります。
集合研修のみです。
資格は特になさそうですが修了証書をもらえます。
銀座コーチングスクール 集合研修+電話で行ないます。
資格は(財)生涯学習開発財団後援の認定資格を持っている方も
対象にしていますので少し疑問があります。
講師の方も(財)生涯学習開発財団認定コーチのようですので、
我々が開いているようなスクール感覚なのかもしれません。



その他数々の研修会社が増えてきていますが、その内容の良し悪しは様々です。
これは、ほかのパソコンスクールや資格を取るための研修会社と一緒です。

ただ、重要なことは資格があるからと言って優秀なコーチか?というとそうではありません。
これもまた、他の業界と一緒です。

戻る

 

リアンブルーコーチング舎 お問合わせはこちら TEL:055-243-5110 新入社員研修・社内研修・企業研修・コーチング研修・リーダー研修・コミュニケーション研修・パーソナルコーチ